ビジネス英語を話す

ビジネスでも使われるスポーツ由来の英語慣用句19選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクトやミーティングの開始をkick offということがありませんか?
実はそれは、スポーツに由来する慣用句(イディオム)のひとつです。
今回は、スポーツに由来する慣用句から、ビジネスシーンでも使われることのあるものを19個、例文とセットでご紹介します。

決まった言い回しで特定の意味を伝える慣用句は、ときには直訳すると意味不明、ということもあり、初めて耳にすると戸惑うものです。
その点、スポーツに由来する慣用句は、そのスポーツを知っている方には何となく意味がつかめる、というものが多いのではないでしょうか。
自分の好きなスポーツ、得意なスポーツに関する慣用句だけでも覚えておくと、言葉の幅が広がります。
そのスポーツを知っている相手との会話に織り交ぜれば、シンプルに言う以上に心情やニュアンスが伝わることでしょう。

ひとつだけご注意ください。
イギリスやアメリカ、その他外国では、それぞれ知名度の高いスポーツが異なります。
コミュニケーションは伝わることが第一ですので、明らかにそのスポーツに疎そうな方との会話では、今回ご紹介する慣用句を避けたほうが無難です。
相手と場合に合わせて言葉を選べるコミュニケーション上級者を目指してくださいね!

目次

1.サッカーに由来する慣用句
2.野球に由来する慣用句
3.テニスに由来する慣用句
4.ゴルフに由来する慣用句
5.バスケットボールに由来する慣用句
6.クリケットに由来する慣用句

1.サッカーに由来する慣用句

サッカー(※)は世界中で人気のスポーツです。
若いプレイヤーが多く、年配の方も観戦を楽しみます。
そのため、サッカーに関連する慣用句は、比較的多くの人に通じます。

※アメリカでは日本と同様にサッカー(soccer)と呼ばれますが、イギリスではフットボール(football)と呼ばれます。

(1)kick off

 

We should arrange a kick off meeting for this project.
It’s important that all project members understand their role, the timeline, and what they have to do.

このプロジェクトを始動するにあたってのミーティングを設定すべきでしょう。
プロジェクトメンバー全員が役割、タイムライン、すべきことを理解することは重要です。

意味:開始、始める
*サッカーで、ゲーム開始、ゲーム再開を意味する「キックオフ」から

(2)to move the goal posts

 

I didn’t expect the sales target to be doubled when the new boss started.
It really isn’t fair to move the goalposts in the middle of the year like that…

新しいボスが着任して売上目標値が倍にされるなんて予想していなかった。
年の途中でこんな風に達成目標を変えるなんて、全くフェアじゃないよ。

意味:進行中にルールや条件を変える
*サッカーのゲーム中にゴールポストを動かすという例え

(3)hat trick

 

Unbelievable! She got a hat trick! That’s her third contract this month.

信じられない!彼女、ハットトリックを決めたよ!今月3件目の成約だ。

意味:3連続で取引、契約などを成功させる
*サッカーやアイスホッケーで、3連続で得点につながるプレイを成功させることを意味する「ハットトリック」から。元々はクリケット用語

2.野球に由来する慣用句

野球(baseball)は特にアメリカや日本で人気のスポーツです。
他の国では必ずしも一般的ではないため、慣用句を使うときには少し注意が必要です。

(1)ballpark figure

 

Could you give me a ballpark figure of the sales in Japan this year?

今年の日本での売り上げ見込みを、大ざっぱな数字でよいので教えてください。

意味:粗い概算見積もり
*野球場(ball park)が広いことから

(2)to throw a curveball

 

The interviewer usually throws a couple of curveball questions to see how candidates react to the unexpected.

面接担当者は候補者が予測できないことに直面した時どう反応するかを見るために、いくつかの意表をつく質問をします。

意味:意表をついて戸惑わせる
*軌跡が読みづらく打つのが難しい変化球(カーブ)から

(3)be in the major leagues

 

I saw him make a speech about space-age technologies on TV last night. He’s in the major league.

彼が宇宙時代の技術について話しているのを昨晩テレビで見ました。彼も有名人ですね。

意味:有名になる
*世界最高峰のプロ野球リーグ「メジャーリーグ」から、それに相当する知名度を持つイメージ

(4)bases are loaded

 

Plenty of time, huge budget, great script, talented actors, and an outstanding director and production team… our bases are loaded.
We should be able to make an Academy Award-winning film!

十分な時間、莫大な予算、素晴らしい台本、才能ある俳優たち、傑出したディレクターと制作チーム・・・条件は整っています
私たちはきっとアカデミー賞受賞映画を作ることができるはずです!

意味:成功が近い、有利な状況
*満塁(bases are loaded)が得点しやすい状況であることから

(5)grand slam

 

This year, we achieved a grand slam. The film won seven Academy Awards including the Best Picture, Best Director, Best Actor, and the Best Supporting Actress!

今年、私たちは完全勝利をおさめた。その映画は、作品賞、監督賞、主演男優賞、助演女優賞を含む4つのアカデミー賞を受賞した。

意味:全ての条件が整い完全に勝利する
*野球で満塁ホームランを意味する「グランドスラム」から
*テニスで1年の間に全豪オープン(Australian Open)、全仏オープン(French Open)、ウィンブルドン選手権(Wimbledon)、全米オープン(US Open)の4大大会を制することを意味する「グランドスラム」にも由来。

3.テニスに由来する慣用句

テニスは、世界中で老若男女にプレイされている人気スポーツの一つです。
紹介する慣用句も、意味がつかみやすいものが多いのではないでしょうか。

(1)the ball is in your court

 

That’s all we can offer you. The ball is in your court now.

私たちが提供できるのは以上です。どうするか決めるのはあなたです

意味:あなたが動く番です
*テニスで、相手コートに球がある状態=相手が行動する番であることから

(2)to draw the line

 

I think we can offer them up to 15% discount, but no more. We have to draw the line somewhere.

私たちは彼らに15%までなら割引を提示してもよいかと思いますが、それ以上はあり得ません。
どこかで線引きをしなければなりません。

意味:許容範囲を示す
*テニスコートのラインが選手が動ける範囲を示していることから

(3)match point

 

It seems we have finally got to match point. If they say yes, all our efforts will be rewarded.

私たちはようやく交渉の最終局面に来ました。彼らがイエスと言えば、私たちの努力はすべて報われます。

意味:交渉の終わり、または決定的な点についての話し合い
*テニスで、マッチの最後の得点を意味する「マッチポイント」から

4.ゴルフに由来する慣用句

ゴルフは、ビジネスパーソンに特に人気のスポーツの一つです。
プレイしたことがない方でも、下にご紹介する言葉を聞いたことはありませんか。

(1)par for the course

 

A 10% discount is par for the course. I think we should push for 15 or 20%.

10%割引は普通のことです。私たちは15%か20%割引を要求すべきだと思います。

意味:人/モノ/サービス/金額などの標準、普通、通常の状態
*ゴルフで、コースごとに定められた基準打数を示す「パー」から

(2)hole in one

 

Our new sales director just started and in his first week got a hole in one. He’d landed a huge deal in his first negotiation.

私たちの新しい販売ディレクターは、着任したばかりで最初の週に一発で成功をおさめた。
彼は初めての交渉で大きな取引を着地させた。

意味:一発で決める 一回で成功させる
*ゴルフで、一打でカップにボールを収めることを意味する「ホールインワン」から

5.バスケットボールに由来する慣用句

(1)a jump ball

 

Both candidates are great. In other words, it’s a jump ball.

二人の候補はどちらもすばらしい。言い換えると、どうにも決めかねる

意味: 決め手がない、どちらともつかない
*バスケットボールで、ゲーム開始の際などに行われる「ジャンプボール」から。他の競技で先攻・後攻を決めるコイントス等のように、どちらに転んでもおかしくない状況の意。

(2)slam dunk

 

We’ve got the better product at a lower price. This tender should be a slam dunk.

私たちはより良い製品をより低価格で手に入れた。この入札は成功間違いなしだ。

意味:確実に達成できる状態、朝飯前、成功間違いなし
*相手チームの妨害がない状況でするダンクシュートを意味する「スラムダンク」から

6.クリケットに由来する慣用句

クリケットは、日本での競技人口こそ少ないものの、イギリスおよびイギリス連邦所属国(インド、パキスタン、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカなど)を中心に、世界中にプレイヤーのいるスポーツです。

(1)to have a good innings

 

My grandma passed away last year at the age of 105. She had a good innings.

私の祖母は昨年105歳で亡くなった。彼女は天寿を全うした

意味:寿命を全うする、長い間幸せに恵まれる
*クリケットで大量得点するイニング(回)を重ねるイメージから

(2)to be bowled over

 

I was bowled over by her performance. It was a fantastic presentation.

私は彼女の演技に圧倒された。それは夢のように素晴らしい上演だった。

意味:圧倒される、強い印象を受ける、驚く
*ボウラーの投げたボールが直接ウィケットを倒した場合に宣告されるアウトから

(3)to be stumped

 

I’m completely stumped. I have no idea how to solve this problem.

私は完全に途方に暮れている。この問題を解決する方法が何も思いつかない。

意味:途方に暮れる、困惑する
*ボールを空振りしたり見逃したりしてランを試みないときに、ウィケットキーパーの早業で得点が防がれて宣告されるアウトから

(4)to catch someone out

 

Hiro gave a good presentation, but he got caught out by some of the questions from the audience.

ヒロは良い発表をしたが、聴衆からのいくつかの質問で窮地に立たされた。

意味:追い詰める
*バッツマン(打者)の打ったボールがノーバウンドで捕球された場合に宣告されるアウトから

* * *

いかがでしたか?
聞いたことがあるものも、そうでないものもあったかと思います。
これらのイディオムをきっかけに、ぜひ、ボキャブラリーを増やしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語学習法をメールで無料購読
無料EBook:旅行英会話と日常英会話を、聴いて話してマスターするトレーニング教材つき

ベルリッツの教師が本無料EBookや、お手持ちの英語教材を使った学習法を、全15回にわたりメールで伝授します。ぜひお気軽にご登録ください。

今までたくさん英語学習をしてきたのに、いつまでも上達しない

  • ・英語が話せるようにならない
  • ・上手く聞き取れない
  • ・カタコト英語になってしまう

こんなことでお困りではありませんか? 英語の学習で一番大切なことは、英語を英語のまま聞き取り、英語として発音できるようになることです。

pic_cta

この無料EBookは、実際に旅行をしたり、日常生活をしたりする際に困らないよう、 全25シチュエーションを音声つきでトレーニングできる内容です。

繰り返し練習することで、必ず英語を使いこなせるようになります。 本当に使える英語力を養って、ぜひグローバル社会で活躍してください。


無料メルマガの購読はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

nineteen − six =