ビジネス英語を話す

すぐに効果を実感できる!英単語の発音を上達させる 3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
178579572

英語の発音の練習をしているけれど、実際に外国人と話してみたら発音がなかなか伝わらないという経験はありませんか?

実際に、単語一つひとつの発音は理解できても、組み合わさって文章になったとき、

  • 発音できない
  • 聞き取れない

という悩みを抱えている日本人はとても多いのです。

その原因はとても単純で、誰も本当に効果的な発音の練習をしていないからです。そこで、本日は、すぐに効果を実感できる発音の練習の3つのポイントをお教えします。

ベルリッツのレッスンでは、次のこのポイントを意識して練習するだけで多くの生徒さんがすぐに上達を実感されています。

日本語にはない、英語の発音の特長を知り、ほんの少し意識しながら練習するだけで、あなたの英語は“世界に通じる発音”に変わっていきますよ。それでは、日本語と英語の発音方法の違いを見ながら、一つひとつ紹介していきます。

ぜひ実践してください。

1.母音をカットし、サイレントブレスを追加する

日本人が英語を学ぶ際、つまずきがちなのが母音の発音です。母音は「a, e, i, o u」の音を、子音は「t, s, f, h, k」など母音以外の音を指します。日本語では「あ、い、う、え、お」が母音に当たり、母音が強い言語です。

一方英語は、母音はあくまで自然に発音する言語です。日本語と同じように母音を強く発音してしまうと、英語ではないいわゆる「カタカナ英語」になってしまうのです。

「母音を意識しないこと」が、英語の自然な母音の発音方法をつかむ第一歩。まず、下記単語を声に出して読んでみてください。

  • “what”
  • → 日本語的発音=whatto, ホワット
  • “bed”
  • → 日本語的発音=beddo, ベッド
  • “talent”
  • → 日本語的発音=talento, タレント
  • “concept”
  • → 日本語的発音=conceputo, コンセプト
 

何も意識せずに発音すると、末尾に母音「o」が付随していませんか?この「o」の発音を意識しない=カットすることで、「カタカナ英語」から脱却することができるのです。

また、「サイレントボイス」を使いこなすことも、発音上達のカギ。サイレントボイスとは、例えば「What」の最後につく「t」を小さな「ス」のような小さくかすれたブレス音で発音することです。母音を意識しない代わりに、サイレントブレスを入れて音読してみましょう。

2.英単語ではなく、フレーズでの発音を意識すること

2つ目のポイントは、英単語ではなくフレーズを意識して発音することです。

日本人は単語一つひとつの発音を良くしようとしますが、単語がフレーズとして複数組み合わさったときの発音も練習しなければ、ネイティブな会話ができません。

たとえば、”did””you”のそれぞれの単語は聞き取れても、”did you”とくっつくと聞き取れないことがあります。それは、子音で終わる単語は、次に来る単語が母音であれば音がくっつくというルールがあるからです。

“you”は「y」から始まりますが、音としては「u」、つまり母音なので”did”の「d」くっついて”diju”と聞こえるのです。

この「子音で終わる単語+母音で始まる単語」の組み合わせは無数に存在しますが、リスニングしながら「くっついた発音があるな」と感じたら、「これは子音と母音がくっついた連語なのだ」と思って練習していけば良いのです。

それではいくつか、子音+母音を意識しながら、フレーズや文章ごとの発音を練習してみましょう。

Where are you from? だったら Wherayu from?(ワーユーロム?) というように読みましょう。

  • What do you do?
  • → Whadoyado?
  • What time is it?
  • → Whatimisit?
  • Where is it?
  • → Wherisit?
  • How do you do?
  • → How d’yado?
  • How is it going?
  • → Howisit going?
  • How much is it?
  • → How muchisit?
  • Can I get a (beer)?
  • → Canigeta (beer)?
  • How about 3pm?
  • → How’bout 3pm?
  • What did you do last night?
  • → Whadijyado last night?
 

いかがですか? “世界に通じる発音”に一歩近づいたのではないでしょうか。

3.イントネーション(抑揚)を意識すること

イントネーションとは、会話における上がり下がりの調子。日本語はあまり抑揚のない言語ですが、抑揚をつけて話すことで一気にネイティブっぽさが増します。

イントネーションは、単語そのものにも、フレーズや一文にも存在します。例えば単語の頭を強調する”desert(砂漠)”と、「s」を強調する”dessert(デザート)”のように、イントネーションの位置によって意味が変わる単語もあります。

日本の中・高英語では、単語ごとのイントネーションは教えますが、一文全体のイントネーションを教えることは少ないかと思います。実は、この文章の中のイントネーションこそが、英会話を学ぶ上で大切なのです。

たとえば、疑問文。正しい文法としては、以下のように助動詞や疑問符を使って疑問文を作ります。

What is your name? 

それでは、次の文章はどうでしょうか。

Your name?

聞きたいことの“name ”を強調し、語尾を若干あげて疑問調に話すことで、疑問詞がなくとも“name ”について尋ねる「疑問文」として成立するのです。
日本人は文法を気にしすぎて、「語尾が上がっているだけの疑問文は通じないんじゃないか……」と思いがち。ですが、全く心配することはありません。イントネーション(抑揚)を上手に操れば、多少文法が甘くとも英語は通じます。

また、イントネーションは「自分が最も伝えたいこと」を伝えることためにも重要です。

I want to eat chocolate.

“I”を強く読めば「私」が食べたいのだという意思、
“want”を強く読めば、「食べたい」という意思、
“chocolate”を強く読めば「チョコレート」が食べたいという意思を伝えられます。

同じ一文でもイントネーションによって、使い分けることができるのです。イントネーションをつけて話すことで、ネイティブの人からの印象がガラッと変わりますよ。 

まずは“表情豊かに話すこと”からはじめてみましょう!

日本人は海外の人と比べて表情が豊かとはいえません。それは発音も同じです。日本語の発音は、イントネーションがなく平坦な音が続きますが、英語は違います。海外のドラマや演説、ニュースを思い起こしてください。外国人はいつも表情豊かに話していませんか?

伝えたいことは強く、さほどでもない部分は普通に。これを意識するだけで、あなたの発音の表情はどんどん変わっていくはずです。

今回ご紹介した3つのポイントをおさえ、文章の流れを意識しつつ、表情豊かに発音してみましょう。臆することなく声に出してリスニングと発音練習を続ければ、きっと自信が持てるようになるはずです。

You can do it!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語学習法をメールで無料購読
無料EBook:旅行英会話と日常英会話を、聴いて話してマスターするトレーニング教材つき

ベルリッツの教師が本無料EBookや、お手持ちの英語教材を使った学習法を、全15回にわたりメールで伝授します。ぜひお気軽にご登録ください。

今までたくさん英語学習をしてきたのに、いつまでも上達しない

  • ・英語が話せるようにならない
  • ・上手く聞き取れない
  • ・カタコト英語になってしまう

こんなことでお困りではありませんか? 英語の学習で一番大切なことは、英語を英語のまま聞き取り、英語として発音できるようになることです。

pic_cta

この無料EBookは、実際に旅行をしたり、日常生活をしたりする際に困らないよう、 全25シチュエーションを音声つきでトレーニングできる内容です。

繰り返し練習することで、必ず英語を使いこなせるようになります。 本当に使える英語力を養って、ぜひグローバル社会で活躍してください。


無料メルマガの購読はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

fourteen − nine =