ビジネス英語

円グラフを英語で巧みに発表するための練習メニュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
image001

「お客様の声でもっとも多かったのは・・・」「シェアは全体の20%を占めます」

割合を視覚的に表現するには円グラフがベストですよね。今回は英語で円グラフを発表する時に使えるフレーズと、複数のバリエーションが訓練できる練習メニューを用意しました。文を見ないでスラスラ言えるまで練習すれば、いざ発表する時には自信という力強い味方がついてくれますよ。

 

目次

  1. 円グラフの読み方:基礎編
    1-1. グラフの見方を解説する
    1-2. データに着目
    1-3. 数値を概算する
  2. 円グラフの読み方:応用編
    2-1. 表現にバリエーションを持たせる
    2-2. 大きさ・小ささを強調する
    2-3. 状況の変化を伝える
  3. 円グラフを巧みに発表する例

 

1. 円グラフの読み方:基礎編

この練習メニューでは携帯電話のキャリアの国内シェアを題材にします。基礎編では以下の架空のデータの円グラフを使って練習してみましょう。

ヘ?ルリ%C%D1_%_?ラフ!

1-1. グラフの見方を解説する

円グラフを見せる時にまず行うのは、グラフの見方の解説です。上のグラフを例に取ると、以下のように切り出します。

Here is a pie chart showing the market share of cell phone carriers in the country.

こちらは国内の携帯電話キャリアのマーケットシェアを表した円グラフになります。

The red (portion) represents Locomo’s share. The orange is Hey-U, and the yellow is Softtank.

赤い部分はLocomoのマーケットシェアを表し、オレンジはHey-U、黄色はSofttankです。

 

1-2. データに着目させる

次に円グラフ内の数値を読み上げる時に使うフレーズです。最初に、聴き手に見てほしい数値に着目してもらいます。

If you could take a look at the red (portion); …

赤い部分を見ていただくと、・・・

As you can see in this chart, …

このグラフを見てわかる通り、・・・

 

1-3. 数値を概算する

「およそ○○」「○○以上・以下」などと数値を概算したい場合は以下のフレーズを使います。

The market share of Hey-U is approximately/roughly 30%.

Hey-Uのマーケットシェアはおよそ 30%です。

The maket share of Softtank is just above 25%.

Softtankのマーケットシェアは25%強です。

The market share of Softtank is above 25%.

Softtankのマーケットシェアは25%以上です。

The maket share of Hey-U is just below 30%.

Softtankのマーケットシェアは30%弱です。

The market share of Hey-U is below 30%.

Softtankのマーケットシェアは30%以下です。

 

2. 円グラフの読み方:応用編

円グラフのいいところは、”○○ is △△%”というように、”is”を使って簡単に説明できることです。でも”is”ばかり使っても芸がないですよね。応用編では以下のグラフを使って、表現のバリエーションを身につけましょう。

ヘ?ルリ%C%D1_%_?ラフ%22

2-1. 表現にバリエーションを持たせる

以下のフレーズは全て同じ意味です。”is”を使った表現に加え、これらを覚えれば6通りの言い方を扱えることになります。 

Locomo occupies 65%. / Locomo takes up 65%. / Locomo has 65%.

Locomoは65%を占めています。

20% is occupied by Hey-U. / 20% is taken up by Hey-U.

20%をHey-Uが占めています。

 

2-2. 大きさ・小ささを強調する

シェア20%が大きいのか小さいのかの印象は、伝え方によってガラリと変わります。以下のフレーズの使い方を考えてみましょう。

The vast majority are using Locomo. / The vast majority of users are Locomo users.

ユーザーの大半はLocomoを使っています。

A minority is using Softtank. / A minority of users are Softtank users.

少数のユーザーがSofttankを使っています。

A significant number of users are using Hey-U. / A significant number of users are Hey-U users.

かなりの数のユーザーがHey-Uを使っています。

A small number of users are using Softtank. / A small number of users are Hey-U users.

少数のユーザーがSofttankを使っています。

たとえば、Softtankの同じ15%でも、A significant number of usersと言えば聴き手は「多いんだ」という印象を受けますし、A small number of usersと言えば「少ないんだ」という印象を受けます。適切なフレーズを使って、印象を操りましょう。

 

2-3. 状況の変化を伝える

競合の勢力が増したり、減退したり。新たな競合が参入したり、既存の競合が撤退したり。今度は以下の3つのグラフを使って、情勢の変化を表現する練習をしてみましょう。

ヘ?ルリ%C%D1_%_?ラフ#

 

Hey-Uの快進撃

In 2014, Hey-U gained 5% share. By 2015, their share grew to 30%.

Hey-Uは2014年にシェアを5%伸ばしました。2015年にはシェアは28%にまで成長しました。 

Locomoの劣勢とシェア維持

In 2014, Locomo lost 15% share and their share shrank to 50%. However they kept their share in 2015. .

Locomoは2014年にシェアを15%失い、シェアは50%にまで縮小しました。しかし2015年はシェアを維持しました。

Aprint社の参入と撤退

In 2014, Aprint entered the market and gained 5% share. However in 2015, Aprint left the market.

2014年にAprint社が市場に参入し、5%のシェアを獲得しました。しかし2015年に市場から撤退しました。

 

シェアの増減を表現するためにいくつかの動詞が使われましたが、違いはわかりましたか?

Gainlose はLocomo、Hey-U、Softtankなど、人物や会社が主語の時に使う動詞
Grow shrinkはマーケットシェアなど、モノが主語の時に使う動詞です。

会社はモノでもあるので、Softtank grew by 2% と言うのは問題ありませんが、マーケットシェアは人物ではないので、 Their share gained by 2% と言うのは間違いです。

 

3. 円グラフを巧みに発表する例

それではこれまで学んだ表現を使った例を聴いてみましょう。こちらのグラフを使って、市場の情勢の変化を一気に発表します。円グラフはひとつではなく、3つ合わせてのセットなので、a series of pie chartsと言ってグラフを紹介します。

ヘ?ルリ%C%D1_%_?ラフ#

OK, here’s a series of pie charts showing the changes in market share of cell phone carriers in the country. The red represents Locomo’s share, the orange is Hey-U and the yellow is Softtank. As you can see in these charts, the market has changed a lot in the last few years. If you could take a look at the red portion in 2013; Locomo had 65%. In 2014, Locomo lost 15% and their share shrank to 50%. However, the vast majority of users still use Locomo and they have kept their market share at 50%.

If you could take a look at the orange; Hey-U has grown very quickly over the past few years. In 2014, they gained 5% share, and by 2015, their share grew to roughly 30%.

In 2014, Aprint entered the market and gained 5% share that year. However in the next year, they decided to leave the market.

Meanwhile, a significant number of users are Softtank users now, and just above 20% share is occupied by Softtank. We expect to see tough competition in the coming years.

 

 

音声の中には、難しい単語は多くはないですよね?考えながら喋っているので、時々立ち止まったりしているのがわかります。それが普通です。ゆっくりでも、このくらいのレベルで発表ができれば、実用レベルを優に超えています。あと少し、がんばってください!

SNSでもご購読できます。