ビジネス英語

パーティでの鉄板英会話フレーズを一気にマスター!7つの会話例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

講演会や海外での学会の後の交流会や、創立記念・上場記念などの祝賀会など、パーティシーンで初対面の外国人と言葉を交わす機会が増えている方も多いのではないでしょうか。
そんなパーティで、外国人と目があったものの、何を話して良いか分からず、会釈でごまかしてしまった、無視してしまった、という経験はありませんか?

初対面の相手と話すのは不得意、という方は多いものですが、そこに“明確な用事がない”ことと、“言葉の壁”が重なると、さらにハードルが高くなりますよね。
でも、いざ話してみると、初めて会う方との会話から新しい知識が得られ、世界が広がるのも、間違いない事実です。

今回は、パーティで初めて会う外国人との会話を気持ちよく楽しむことをゴールに、パーティでの会話の基本の流れにそって、ベルリッツの教師が厳選した基本フレーズをご紹介します。
話しかける、または紹介されるところから、程よいところで切り上げるところまで、実際の状況をイメージして練習できるよう、会話形式・音声付きでお届けします。
ぜひ、繰り返し聞いて、口に出して練習して、本番に備えてください。

出会いは一期一会。ちょっとした会話から良いご縁が生まれると良いですね。

目次

1.話しかける・話しかけられる
2.紹介する・紹介される
3.名刺交換をする
4.感じ良くその場を離れる

1.話しかける・話しかけられる

会話の始まりは、多くの場合、自分から話しかけるか、相手から話しかけられるかです。
話しかけたい相手や、たまたま目が合った相手に、こちらから話しかけるときのフレーズと、逆に、話しかけられたときに感じ良く対応するためのフレーズを練習しましょう。
相手を一方的に知っている場合と完全に初対面の場合で話しかけ方が変わってきます。
それぞれの例を見てみましょう。

1)講演会の登壇者やパーティの主賓、著名人などに話しかける

【英文スクリプト】

You:
It’s a pleasure to meet you, Mr King. I’m Yuri Nakamura.
I was really impressed by your speech.

Mr King:
Thank you, Ms Nakamura. I hope you found some of the information helpful.
Which bit impressed you the most?

【和訳】

あなた:
お会いできて嬉しいです、キングさん。私は中村ゆりです。
あなたのスピーチに本当に感銘を受けました。

キング氏:
ありがとう、中村さん。あなたにとって役に立つ情報がありましたら幸いです。
あなたの心に最も残っているのはどの部分でしょうか?

  • 相手の名前を呼び、なぜ話しかけたのかを明確にします。また、相手にとってあなたは見知らぬ人なので、きちんと名乗ると好印象です。

2)他のゲスト(たまたま目が合った相手など)に話しかける

【英文スクリプト】

You:
Hi. This is a great party, isn’t it?

Janet:
Yes, it is.
There are so many elegantly dressed guests, and the venue is magnificent.

You:
I agree. They really make it feel like a special occasion, don’t they?
Did you have to come far to get here today?

Janet:
I flew in from Sapporo earlier this afternoon.
I work as a PR contact for ABC Company there.

You:
Sapporo, wow! That’s some way. I myself came here from Shizuoka.
I’m the director of a local television station there.
Taro Tanaka, pleased to make your acquaintance.

Janet:
Nice to meet you too.
I’m Janet Adams, but everyone calls me Jan.

You:
Jan, that’s easy to remember. Please call me Taro.
So Jan, how do you like living in Hokkaido…?

【和訳】

あなた:
こんにちは。素晴らしいパーティですね。

ジャネット:
そうですね。
エレガントに着飾ったゲストが沢山いて、会場も素晴らしいですね。

あなた:
同感です。本当に、特別な機会なのだと感じますよね。
今日は遠くからいらしたのですか?

ジャネット:
今日の午後、飛行機で札幌から来ました。
私はそこ(札幌)でABCカンパニーの広報を担当しています。

あなた:
札幌!わぁ、それは遠いですね。私自身は静岡からこちらに来ました。
私はそこ(静岡)でローカルテレビ局のディレクターをしています。
田中太郎です。あなたと知り合うことができて、とても嬉しいです。

ジャネット:
こちらこそ、お会いできて嬉しいです。
私はジャネット・アダムズですが、皆は私のことをジャンと呼びます。

あなた:
ジャン、それは覚えやすいです。私のことは太郎と呼んでください。
それで、ジャン、北海道での生活はいかがですか?

  • Hi. の前に笑顔を見せることも重要です。
  • 初めは、パーティの感想など、無難かつ共通と思われることを話題に選び、個人的な話題を避けるのが通例です。
  • Pleased to make your acquaintance も初対面の挨拶に使われるフレーズで、Nice to meet youよりもフォーマルな印象を与えることができます。
    公的な場で、ビジネスパーソン同士や専門家同士の挨拶として使われます。

2.紹介する・紹介される

会話の始まりとして、もう一つ考えられるのが共通の知人による紹介です。
あなたからお願いして紹介してもらう、ということもあるでしょう。
紹介する順番には注意が必要です。
通常、同じような立場の女性と男性であれば、まず男性を女性に紹介します。
年齢が離れている二人であれば若い方を年配の方に先に紹介します。
ポジションや取引での上下関係がある間柄ならば、下の人を上の方に先に紹介します。
同じような立場の同性同士であれば、どちらを先に紹介しても構いません。
では、実際の例を見てみましょう

1)知人が業界の権威を紹介してくれる

【英文スクリプト】

Amanda:
Hi Ken, have you met Professor Anderson?
You know he is one of the leading lights in neurosurgery these days.

You:
Of course I know his name, but no, I haven’t met him yet.
Is he here today?

Amanda:
Yes, he’s over there. If you like, I’ll introduce you to him.

You:
That’d be great, I’d love to meet him.

(Pause)

Amanda:
Hello, Professor Anderson. Could I steal a little of your time?

Prof. Anderson:
Oh, hi Amanda, lovely to see you. Yes, of course you can.

Amanda:
I’d like to introduce my ex-colleague Ken Sato to you.
Ken and his team pioneered some interesting new techniques in brain surgery.

You:
It’s an honour to meet you, Professor Anderson.
I’m Ken Sato from the ABC college hospital.
Last year, your paper on XYZ really inspired me to try some new methods.
I wanted to thank you.

Prof. Anderson:
The pleasure is all mine.
I’d be interested to hear more about the techniques you developed…!

【和訳】

アマンダ:
こんにちは、健。もうリチャード・アンダーソン教授に会いましたか?
ご存じでしょうが、彼は今日の神経外科の世界で指導的影響力を持つ一人です。

あなた:
もちろん彼の名前を知っています。でも、いいえ、まだ会っていません。
今日、彼がこちらに来ているのですか?

アマンダ:
はい。彼はあちらにいます。もしご希望ならば、あなたを彼にご紹介しますよ。

あなた:
それは素晴らしい。ぜひお会いしたいです。

・・・

アマンダ:
こんにちは、アンダーソン教授。少しお時間いただけますか?

アンダーソン教授:
やぁ、アマンダ、会えてうれしいよ。もちろんどうぞ。

アマンダ:
以前に一緒に働いていた佐藤健をあなたにご紹介したいのです。
彼と彼のチームは脳手術においていくつかの興味深い新技術を開発したのですよ。

あなた:
お会いできて光栄です、アンダーソン教授。
ABC大学付属病院の佐藤健です。
昨年XYZ誌に掲載されたあなたの論文に大いに触発され、新しい手法を試すことができました。
お礼を申し上げたいと思っていました。

アンダーソン教授:
それは私にとっても何よりの喜びです。
あなたの開発された新しい技術について、ぜひ詳しくお伺いしたいです。

2)主催者に他の参加者の紹介を頼む

【英文スクリプト】

Party host:
Hi. Are you enjoying yourself?

You:
Yes, I’m having a lot of fun. The food is excellent and the company most stimulating.
I do have a small favour to ask you!

Party host:
Sure. What can I do for you?

You:
Could you introduce me to Ms Gonzalez?
I hear she is from Spain.
I’ll be moving to Spain this winter, and I’d like to ask her advice on some things.

Party host:
Sure thing . That’s a great idea.
You’re right, she is from Spain and she has a lot of experience trading between Spain and Japan.
May I have your name?

You:
I’m Ichiro Suzuki from ABC Corporation.

(Pause)

Party host:
Good evening, Ms Gonzalez, may I introduce you to Mr Suzuki.
He’ll be transferring to Spain in a few months.

Ms Gonzalez:
Mr Suzuki, it’s a pleasure to meet you. I’m Valentina Gonzalez.

Party host:
Mr Suzuki is from ABC Corporation.
Well, I’ll leave you two to talk all about life in Spain.

Ms Gonzalez:
Thank you. So, Mr Suzuki, you’re going to be moving to Spain?

You:
Please call me Ichiro. Yes, I’ll be moving a there at the end of the year!
I was wondering if you could give me some advice on…

【和訳】

主催者:
こんにちは。お楽しみいただいていますか?

あなた:
はい、とても楽しんでいます。食べ物はおいしいですし、人々には刺激を受けています。
あなたにちょっとお願いしたいことがあるのですが。

主催者:
はい、どのようなことでしょうか?

あなた:
私のことをゴンザレスさんに紹介していただけますでしょうか。
彼女はスペインからいらしていると聞きました。
私はこの冬スペインに赴任するので、いくつかの事柄について彼女のアドバイスを伺いたいのです。

主催者:
もちろんご紹介しましょう。良いアイデアですね。
おっしゃる通り、彼女はスペイン出身で、スペインと日本間の貿易について豊富なご経験をお持ちです。
あなたのお名前をお伺いできますか?

あなた:
私はABCコーポレーションの鈴木一郎です。

・・・

主催者:
こんばんは、ゴンザレスさん。あなたを鈴木さんにご紹介させてください。
彼は数カ月のうちにスペインに赴くのです。

ゴンザレスさん:
鈴木さん、お会いできて嬉しいです。私はヴァレンティーナ・ゴンザレスです。

主催者:
鈴木さんはABCコーポレーションの方です。
では、私はこちらで失礼しますので、お二人でスペインでの生活について大いにお話し下さい。

ゴンザレスさん:
ありがとうございます。鈴木さんはスペインに行かれるのですね。

あなた:
一郎と呼んでください。はい、この年末に行きます。
もしよろしければ、・・・についてあなたのアドバイスをいただけたらと思います。

3.名刺交換をする

挨拶や紹介の後、落ち着いたところで切り出したいのが名刺交換です。
日本ではよく始めに名刺交換をしますが、海外の標準的なマナーでは、挨拶や紹介の後でするのが通例ですので、お気を付けてください。

1)名刺交換を申し出る

【英文スクリプト】

You:
I was wondering if I could have a business card?
Here is mine.

Mr Wilson:
Of course. Here you are.

【和訳】

あなた:
もしよろしければ、お名刺をいただけますでしょうか。
こちらは私の名刺です。

ウィルソンさん:
もちろんです。どうぞ。

2)自分の名刺を差し出し相手の名刺をいただく

【英文スクリプト】

You:
By the way, could I give you my card?

Mr Wilson:
Thank you. Here’s mine.

【和訳】

あなた:
ところで、私の名刺をお渡ししてもよろしいですか?

ウィルソンさん:
ありがとうございます。私のものもどうぞ。

4.感じ良くその場を離れる

パーティでは、一人とだけ話すのではなく、色々な人と話したいですよね?
最後に、会話を切り上げて、楽しいひと時にお礼を言い、気持ちよくお別れするフレーズも押さえておきましょう。

【英文スクリプト】

You:
It was nice meeting you. I really enjoyed our talk.
Hope to see you again soon.

Lisa:
It was a pleasure talking to you too. Thank you for your time.
Enjoy the rest of the evening.

【和訳】

あなた:
あなたとお会いできてよかったです。お話できてとても楽しかったです。
またじきにお会いできればと思います。

リサ:
こちらこそお会いできてよかったです。お時間をどうもありがとうございます。
残りの時間も楽しくお過ごしください。

* * *

いかがでしたか?
今回ご紹介したフレーズを練習して、次のパーティでは、ぜひ、外国人とも積極的に話してみてください!

英語学習法をメールで無料購読
無料EBook:旅行英会話と日常英会話を、聴いて話してマスターするトレーニング教材つき

ベルリッツの教師が本無料EBookや、お手持ちの英語教材を使った学習法を、全15回にわたりメールで伝授します。ぜひお気軽にご登録ください。

今までたくさん英語学習をしてきたのに、いつまでも上達しない

  • ・英語が話せるようにならない
  • ・上手く聞き取れない
  • ・カタコト英語になってしまう

こんなことでお困りではありませんか? 英語の学習で一番大切なことは、英語を英語のまま聞き取り、英語として発音できるようになることです。

pic_cta

この無料EBookは、実際に旅行をしたり、日常生活をしたりする際に困らないよう、 全25シチュエーションを音声つきでトレーニングできる内容です。

繰り返し練習することで、必ず英語を使いこなせるようになります。 本当に使える英語力を養って、ぜひグローバル社会で活躍してください。


無料メルマガの購読はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

four × five =