ビジネス英語を書く

英語で丁寧に主張や依頼ができる!ビジネスで使える15フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
英語_主張①

英語で自分の意見を主張する場合や仕事の依頼をする際、相手が外国人だとついつい遠慮がちになっていませんか?

そういったシチュエーションに遭遇した際に、多くの日本人が使ってしまいがちなのが「I want~」です。

I want~」という表現は、ビジネスの場合不適切な表現にあたる事が多く、ネイティブには「幼稚」な印象を与えます(極端な話ですが、子供が「I want chocolate.」チョコレート欲しい。と言っているように聞こえてしまいます)。

では、どのように英語で主張や依頼をすべきでしょうか?

実はそれらの表現は、出だしの少しの表現(I suggest that~ や  I propose that~ )など、いくつかのフレーズを覚えるだけで失礼なく言うことができます。

本日はベルリッツ教師のKAZが、ビジネスで使える主張や依頼の15フレーズをご紹介いたします。音声を聞いて繰り返し音読しましょう。

I suggest that ~を使って主張する

※   ~してはいかがでしょうか。という丁寧な表現です。

I suggest that we ask him to join the team.


彼にチームへ参加するようにお願いしてみてはいかがでしょうか。

I suggest that she take over the project.


彼女にプロジェクトを引き継いではいかがでしょうか。

I suggest that they try a different option.


彼らは別のやり方を試してみるべきだと思います。

 

I propose that を使って主張する

I propose that ~は I suggest that と同じ丁寧な表現です。
~することを提案いたします。

I propose that we cancel tomorrow’s meeting.


明日の会議をキャンセルしたほうがよいとおもいます。

I propose that we go ahead with the launch of the product.


その商品の販売を開始すべきだとおもいます。

I propose that we invite our clients to dinner.


お客様をディナーに招待しましょう。

 

Should-を使って主張する

英語_主張する②Shouldは、~すべきです。と強く主張する時や、アドバイスをするときに使います。
主に部下や同僚などに使うフレーズです。

We should leave early in order to catch the train.


電車に乗り遅れないために早く出るべきです。

You should go home early tonight because you do not look well.


顔色が悪いですね、今夜は早く帰ったほうがいいでしょう。

He should ask another sales person for the client’s information.


彼は他の営業の人にお客様の情報を聞くべきです。

 

丁寧にお願い(依頼)をするときに使うフレーズ

英語_主張する③Could you send me the documents by end of the day?


今日中に資料を送っていただけますか?

Could I make a suggestion?


提案してもよろしいですか?

Do you mind meeting tomorrow at 8 am?


明日の会議は朝の8時でもかまいませんか?

Do you happen to know Mr. Tanaka‘s e-mail address?


田中さんのメールアドレスをご存知ですか?

Would you mind introducing yourself?


自己紹介していただけますか?

I was wondering if you could attend the meeting for me.


申し訳ないですが、私のかわりに会議に出席してもらえますか?

 

会議のファシリテートまではすぐに出来なくても、ビジネスの要所で自分の意見はしっかり主張や依頼ができるように繰り返し音読し準備しておきましょう。

本日紹介しましたビジネスで使える主張や依頼の15フレーズを覚えれば、会議中などにタイミングを逃さず、意見を主張できますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語学習法をメールで無料購読
無料EBook:旅行英会話と日常英会話を、聴いて話してマスターするトレーニング教材つき

ベルリッツの教師が本無料EBookや、お手持ちの英語教材を使った学習法を、全15回にわたりメールで伝授します。ぜひお気軽にご登録ください。

今までたくさん英語学習をしてきたのに、いつまでも上達しない

  • ・英語が話せるようにならない
  • ・上手く聞き取れない
  • ・カタコト英語になってしまう

こんなことでお困りではありませんか? 英語の学習で一番大切なことは、英語を英語のまま聞き取り、英語として発音できるようになることです。

pic_cta

この無料EBookは、実際に旅行をしたり、日常生活をしたりする際に困らないよう、 全25シチュエーションを音声つきでトレーニングできる内容です。

繰り返し練習することで、必ず英語を使いこなせるようになります。 本当に使える英語力を養って、ぜひグローバル社会で活躍してください。


無料メルマガの購読はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

four × 5 =