ビジネス英語

ビジネスやプライベートにも使える!英語の目標設定43例文

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
goal1

目標は英語で「Goal」と言います。Goalとは目指す未来まで、努力しながら道を走っているようなイメージです。他にも達成しようとしている明確な狙いは「aim」、比較的短い期間に達成する可能性のあるビジネスや学問の目標は「objective」と表現します。

では、英語でビジネスあるいはプライベートの目標を立てる時に具体的にどのようなフレーズを使えばいいのでしょうか?

今回はベルリッツ渋谷教室教師のKAZがビジネスとプライベートに分け、それぞれによくある目標のフレーズを交え43例文をご用意いたしました。

さらにその目標を達成するためにSMARTの原則もあわせてご紹介します。

1.ビジネスで使う英語の目標フレーズ
2.プライベートで使う英語の目標フレーズ
3.明確な目標を設定のためにSMARTの原則を使う

1. ビジネスで使う目標の英語フレーズ

ビジネスでは、目標を達成するために強い意志として下記のようなフレーズを使います。

●ビジネスでの目標を表現する時に使うフレーズ
・We will ~
・We must ~
・We aim to~

これらのフレーズを踏まえて、ビジネスで使える英語の目標13例文をご紹介いたします。

We will increase sales by 20%.

20%の売上増を目指します。

We are aiming to reach 120% more inquiries compared to last year.

対前年120%の問い合わせ数を目指します。

We will cut costs by 10%

コストを10%カットします。

We will create a new website in order to attract more customers.

お客様にとってもっと魅力的なWEBサイトを作成します。

We will achieve 100 million yen in sales.

1億円の売上を達成します。

We must increase our customer satisfaction by 30% this year.

今年度の顧客満足度を30%向上させます。

Our company will launch a new app for smartphones this summer.

今年の夏に新しいスマートフォンアプリをローンチします。

We must improve our production capacity by 30%.

生産能力を30%改善します。

We will reduce overtime work starting this month.

今月から残業を減らします。

We will raise exposure within this quarter by 30%.

今期は露出を30%向上させます。(プロモーション等にて)

We will increase customer loyalty.

顧客サービスを向上させます。

We will provide new employee training.

新人研修を行います。

We will start monthly meetings with our boss.

上司を交えて、月間定例会議をスタートします。

2.プライベートで使う英語の目標フレーズ

goal2
会話の中で目標を言う時には、目標達成に対する意志の強さによって下記のようなパターンがあります。

●一般的に使用するもの
・I need to~
・I have to~
●強い意志を持って
・I will ~
・I must ~
●自分との約束
・I promise myself to~
・I vow to~
●なったらいいな
・I want to~
・I hope to~
・I’d like to~

これらのフレーズをおりまぜて、プライベートで使える英語の目標30例文をご紹介いたします。

I will find a job.

就職する

I will change jobs.

転職する

I must graduate college.

大学を卒業する

I need to get a license.

資格をとる

I need to get my driver’s license.

自動車免許をとる

I hope to get a girlfriend.

恋人を作る

I want to get married.

結婚する

I will be able to communicate in English.

英語で会話ができるようになる

I must have my project approved.

企画を通す

I must make my project successful.

プロジェクトを成功させる

I vow to be more punctual.

遅刻をしない

I need to train new subordinates.

部下を育てる

I need to be more open-minded.

人の話しを聞く

I have to be kinder to people.

人にやさしくする

We must win the competition.

大会で優勝する

I want to aim for the top 8 position.

大会でベスト8を目指す

I need to pay attention to my health.

健康に気をつける

I vow to be more beautiful.

キレイになる

I promise myself to lose weight.

ダイエットする

I will quit smoking (drinking).

タバコ(お酒)をやめる

I have to eat better.

食生活を改善する

I need to eat out less.

外食を減らす

I must cut down on alcohol (cigarettes).

お酒(タバコ)を減らす

I will learn how to cook.

料理を習う

I must save money.

貯金する

I will keep a journal.

日記(ブログ)を毎日書く

I’d like to start a new hobby.

新しい趣味を始める

I will finish a full marathon.

マラソンを完走する

I will read 100 books.

本を100冊読む

I promise myself to stop gambling.

ギャンブルをやめる

I will spend more time with my children.

子供と過ごす時間を増やす

3.明確な目標の設定のためにSMARTの原則を使う

smartgoal
絶対に達成したい目標があるならば、より具体的に設定すると自分の成すべきことが明確になります。また、ビジネスシーンにおいても、期間や達成基準をきちんと決めた方が効率的です。

明確な目標を立てるために、「SMARTの原則」というものがあります。「SMART」とは、Specific、Measurable、Attainable、Relevant、Time-boundの頭文字をとったもの。

Specific」は、具体的かということです。例えば、「キレイになる」と抽象的に設定するより「5kg痩せる」「ウェストを5cm絞る」の方が目標が明確になって良いということです。

Measurable」は計測可能かどうかです。目標までの進捗状況が分かると、次のステップに進みやすいので、達成状況を明確にするため数字目標を立てます。(例)「本を100冊読む」「企画を採用してもらうために週に2本企画書を作成する」

Attainable」は実行可能かどうかです。長期スパンで考えるならば高い目標も良いですが、目標が高すぎて実行できなさそうなものだと現実味がなくモチベーションが下がってしまいます。まずは努力をすれば実行可能な目標設定しましょう。(例)「1年間で50万円貯金する」

Relevant」は関連性があるかです。あまりに自分の仕事や趣味、生活からかけ離れた目標はなかなか達成できないものです。例えばビジネスマンなら「TOEIC(R)テストで800点以上を取得する」など自己のスキルアップに役立つ目標設定をして、「自分の事」として捉えられるようにしましょう。

最後の「Time-bound」は期限を設定するということ。あまりに長い期間だと中だるみしてしまうことがあります。期限を設けることで集中力が持続するようにしましょう。(例)「1月末までに転職先を決める」「3ヵ月で運転免許を取得する」「1年で100万円貯金する」など。

以上のポイントを踏まえて、次の例のように3つのステップで目標を設定してみてください。

ステップ1.目標を考える
I promise myself to lose weight.


体重を減らす。

ステップ2.SMARTに当てはめて考える。
S: I promise myself to lose at least 5kg.「5キロ体重を減らします」
M: I will lose 1kg every month.「毎月1キロずつ減らします」
A: I will run 5km 3 times a week while walking my dog in the neighborhood.「一週間に5キロを3回、犬と一緒に近所を走ります」
R: Losing 5kg will help me stay healthy and look younger.「5キロ体重を減らして、健康維持と若く見られるようにします」
T: I will achieve this in 6 months.「6ヵ月間で達成します。」

ステップ3.文章をつなげる
In order to stay healthy and look younger, I will lose at least 5kg in 6 months by running 5km 3 times a week while walking my dog in the neighborhood. To achieve this, I need to lose 1kg every month.

健康維持と若く見られるために、5キロを週に3回近所を犬と一緒に走ることによって体重を6ヵ月間で5キロ減らします。私はそれを達成するために毎月1キロずつ体重を減らしていきます。

まとめ

ただ単に英語での目標フレーズを使うだけでなく、どうやって達成するかを明確なPlanも盛り込むことで目標の実現が近くなりますので、SMARTの原則を使ってみてください。

この記事を読んでくれた方々が目標を達成できるように願っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語学習法をメールで無料購読
無料EBook:旅行英会話と日常英会話を、聴いて話してマスターするトレーニング教材つき

ベルリッツの教師が本無料EBookや、お手持ちの英語教材を使った学習法を、全15回にわたりメールで伝授します。ぜひお気軽にご登録ください。

今までたくさん英語学習をしてきたのに、いつまでも上達しない

  • ・英語が話せるようにならない
  • ・上手く聞き取れない
  • ・カタコト英語になってしまう

こんなことでお困りではありませんか? 英語の学習で一番大切なことは、英語を英語のまま聞き取り、英語として発音できるようになることです。

pic_cta

この無料EBookは、実際に旅行をしたり、日常生活をしたりする際に困らないよう、 全25シチュエーションを音声つきでトレーニングできる内容です。

繰り返し練習することで、必ず英語を使いこなせるようになります。 本当に使える英語力を養って、ぜひグローバル社会で活躍してください。


無料メルマガの購読はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

7 + two =