ビジネス英語を話す

英語プレゼンテーションがグっと引き立つ、厳選15フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「英語の資料はなんとかできたけど、英語でプレゼンするのは厳しいなぁ・・」

急に英語でプレゼンテーションをしなければならなくなって、冷や汗をかいたことのある方も多いのではないでしょうか?
従業員はほとんど日本人だから、、、と油断していると、その機会はいきなりやってきます。

そんなあなたのために、ベルリッツでビジネストレーニングコースのトレーナーを務めているネイティブ講師からのヒントをお届けします!

プレゼンテーションは、大体の場合、オープニングパート、内容パート、結論パートから構成されます。
今回、その基本的な構成に沿って、各パートで便利に使える15のフレーズをご紹介します。
プレゼン進行にメリハリをつけ、聴き手の理解を促し、あなたの提案をより魅力的に見せることができるフレーズを集めましたので、ぜひ覚えて、ご活用ください!

オープニングパート 

オープニングの部分は、聴き手の関心を高め、自分のプレゼンのリズム・雰囲気を作る上で、非常に重要なパートです。

挨拶も目的も告げずに、いきなり内容にはいるようなプレゼンはNG。聴衆に良い印象を与え、プレゼン全体をスムーズに理解してもらえる下地を作りましょう。

オープニングパートでは4つの要素が必要です。 

  1. 出席者に対して挨拶する
  2. プレゼンの目的を伝える
  3. プレゼンの概要を説明する
  4. 質疑応答について説明する

オープニングをしっかり説明すること、とくに目的を明確にすることで、参加者の理解を促すことができます。ではフレーズを聴いてみましょう。

<出席者に対して挨拶する>

Good morning everyone. My name is Taro Yamada and I am director of marketing for ABC Company. 
おはようございます。私はABC会社のマーケティングディレクターの山田太郎です。

Thank you for attending this presentation.  My name is Hiroshi Tanaka and I am responsible for marketing at ABC Company.
皆様、本日来てくれて、ありがとうございます。私の名前は田中博です。私はマーケティングを担当しております。

<目的を伝える>

Today, I would like to talk to you about (product innovation).
本日は弊社の製品の新技術に関して説明したいと思います。

<プレゼンの概要を説明する>

There are three things I’d like to cover today. Firstly, I will talk about (our new technology). Then I will explain (new product features). Finally, I will describe (our new pricing system).
プレゼンテーションは3部に構成されており、まず弊社の新しいテクノロジー、次に製品の特長について、最後にプライシングシステムについてご説明いたします。

プレゼンの概要には時間どのくらい時間がかかるかも説明しましょう。

This presentation will take about one hour.
プレゼンテーションは一時間くらいかかります。

<質疑応答の時間について説明する>

We’ll have a Q&A session at the end of the presentation.
プレゼンテーションが一通り終わってから質疑応答時間を行います。

If you have questions, please do not hesitate to ask.
質問があれば、ご遠慮なくお願いします。

内容パート 

オープニングでなにか質問がでない限り、いよいよ内容パート、つまりプレゼンテーションがはじまります。

プレゼンテーションの説得力を高める効果的なテクニックとしてトピックとトピックの間の連結フレーズをご紹介します。

連結フレーズを用いることで、プレゼンテーションの流れがクリアになり、それが、聴き手の中での内容の理解、内容への納得感につながります。 

<連結フレーズ>

I’d like to start by looking at (our new technology).
まず最初に私たちの新しい技術について説明します。

Next, I’d like to talk about (new product features).
次に(製品の特長)についてお話いたします。

Let’s move on to (our new pricing system).
次に(我々の新しいプライシングシステム)についてお話いたします。

結論パート

最後に、プレゼンテーションをよい印象で締めくくるための4つのフレーズをご紹介します。 

  • プレゼンテーションの最後を告げる
  • ポイントの概要を伝える
  • 結論を述べる
  • 締めの言葉 と 質疑応答

We are coming to the end of today’s presentation.
本日のプレゼンテーションの最後になります。

I’m now going to give a brief summary of what we have covered…
本日の要点をお伝えすると・・・

In conclusion, (you can see that changes in technology are transforming our business).
結論は、

Thank you once again for taking the time to join today’s presentation.
本日はプレゼンテーションにご参加していただきありがとうございます。

Are there any questions?
質問はございますか?

* * *

いかがでしたか?

英語のプレゼンテーションは慣れないと不安ですが、逆境こそチャンス。必死のときこそ、効率良くビジネス英語を体得できるものです。
ぜひ積極的に機会をとらえ、今回ご紹介したようなフレーズを使い、プレゼンテーションにトライしてみてください。 

ちなみに、本日紹介したフレーズや考え方は、日本語のプレゼンテーションを効果的にするためにも活用いただけます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BBCS - Berlitz Business Communications School の紹介

 



ベルリッツのビジネスコミュニケーションスキル トレーニングコース

異文化・多文化のビジネス環境で仕事がスムーズに行かない。
  • 日本語では当たり前にできることが英語ではできないのがもどかしい
  • 実践的な環境で場数を踏んで英語コミュニケーション力を鍛えたい
  • 異文化の相手とも自信を持って接したい
こんなことでお困りではありませんか? 異文化の相手と仕事をする時は、いつもぶっつけ本番。コミュニケーションの力を 練習試合で訓練したり、実力を試し試合で試せたらいいのに。 BBCSとは ベルリッツ ビジネスコミュニケーションズ・スクールは、英語でのみ進行する チーム演習を通して、実際のビジネスケースを元にしたディスカッションや ロールプレイを行う実践訓練の場です。 発言術、交渉術、効果的なプレゼンテーション術、リーダーシップ、 異文化対応力の習得を以下の取り組みを通して目指します。
  • ☑ 今お持ちの英語力を使っての問題解決
  • ☑ 発想が異なる人々との高度な議論、意思決定
  • ☑ 自信のコミュニケーションの出来・不出来に関するフィードバック
  BBCSレッスン風景(動画) 是非一度BBCSをお試しください ベルリッツの対象拠点にてBBCSの説明を兼ねた体験会を行っています。 様々な企業にお勤めの方が集まるので、刺激になるというお声もいただいています。 自身の課題発見のためにも、英語コミュニケーション実践のお力を試すためにも 非常に有用です。是非一度お試しください。

詳細と無料体験会について

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

6 + 19 =