ビジネス英語

英語メールで「お疲れ様」は? 状況に合わせて使えるフレーズ例13

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールの冒頭で「お疲れ様です」はよく使われる表現ですよね。でも、英語でメールを書く際に、「お疲れ様です」って何て書けばよいのだっけ?と迷ったことはありませんか。直訳すると「You must be tired.:あなたは疲れているに違いない!」となりますが、「おつかれさまです」というフレーズで伝えたいことはそういう意味ではありませんよね。

実は、英語には、私たちが普段あいさつ代わりに使っている「お疲れ様です」を直訳できる言葉がありません

英語でのコミュニケーションでは、「いつも/先日は…してくれてありがとう」「調子はいかがですか?」など、感謝や相手を気遣う表現を代わりに使うとスムーズです。

この記事では「英語メールの冒頭部分」で使える、「お疲れ様です」に代わる自然なフレーズをご紹介します。

目次

1.すでに知り合いの方や、社内のコミュニケーション
2.社外の方や、改まった内容の場合
3.担当者が分からない場合

1.すでに知り合いの方や、社内のコミュニケーション

たとえば、“Hi Ben,” の後に、以下のフレーズが使えます。
社内の方へのメールの場合、First Nameのほうが親しみがでてよいですね。

■ 感謝の気持ちを伝えるフレーズ

Thank you for your reply.
お返事をいただきありがとうございました。

Thank you very much for your help.
助けていただきありがとうございました。

I’m sorry for the late reply.
返事が遅くなってごめんなさい。

■ 相手を気遣うフレーズ

I hope you are well.
元気でやっていることと思います。

2.社外の方や、改まった内容の場合

たとえば、“Dear Mr. or Ms. Corinz,” の後に、以下のフレーズが使えます。
社外の方へのメールの場合、Dear Last Nameを使いましょう。

■ 感謝の気持ちを伝えるフレーズ

It was a pleasure meeting you at the ABC Project meeting yesterday.
昨日はABCプロジェクト会議でお会いできてうれしかったです。

I appreciate your adjusting your schedule.
スケジュールを調整していただいてありがとうございます。

Thank you very much for visiting our office yesterday.
昨日は、ご訪問いただきありがとうございました。

I appreciate your quick response.
迅速なお返事をいただき、どうもありがとうございました。

■ 相手を気遣うフレーズ

I expect you are keeping well.
お元気でお過ごしのことと思います。

I hope this email finds you well.
お元気でお過ごしのことと思います。

3.担当者が分からない場合

Dear Sir or Madam,” の後に、以下のフレーズが使えます。

■ まずは自分が何者であるかを理解してもらう

My name is Taro Tanaka and I am responsible for curriculum development at Berlitz Japan.
私の名前は田中太郎です。私はベルリッツ・ジャパンでカリキュラム開発を担当しています。

My name is Taro Tanaka. We met last week at an event.
先週のイベントで知り合った田中太郎です。

My name is Taro Tanaka and I am a colleague of Hiroshi Suzuki at Berlitz Japan.
ベルリッツ・ジャパン鈴木宏の同僚の田中太郎です。

***
状況に合わせて使える英語メール書き出し例をご紹介しました。日本語では、「おつかれさま」はメールのみならず、さまざまなシーンで使えますが、英語だと状況に応じて表現や使う単語までさまざまです。この記事で扱った表現を使って、悩む時間をグッと縮めて業務効率をアップさせましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたに必要な英会話を身につけるならベルリッツ
あなたの仕事や目的に合わせた英会話レッスンをご提案します。


無料体験レッスンのご予約はこちら >

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

15 − 14 =