ビジネス英語

英語で部署を説明するには?「営業部」を説明するための例文&音声つき!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の仕事や職場を説明したり、会社のことを説明したりする際、部署の説明は避けては通れないもの。英語だと一体どうやって説明したら良いかわからない!そんなかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は、一般的な部署の名称の英語表現例と、部署の役割を説明する際の例文を、音声つきでご紹介します。ご自身の部署に当てはめて、ぜひ声に出して練習してみてください!

部署名の英語表現例

まずは、一般的な部署名の英語表記を確認しましょう。以下を参考にしつつ、企業それぞれで名称が異なるので、ご自身の部署の英語表記は正確にご確認ください。

営業部:Sales department
マーケティング部:Marketing department
商品開発部:Production department
研究開発部: Research and development department (R&D)
店舗開発部: Store development department
顧客サービス部: Customer service department
システム管理部: Information technology department (IT)
経理部: Accounting department
財務部: Financial planning department
人事部: Human resource department (HR)
広報部: Public relations department (PR)
総務部: General affairs department
購買部: Purchasing department
法務部: Legal department

「部署」は一般的には「Department」と表現しますが、「営業本部」など複数の部署を含んだ大きな組織を示す場合は、「Division」を使うこともあります。これらも、その会社によって使い方は異なります。

自己紹介の中で部署を名乗る

自己紹介で、名前に部署を付け加える場合は以下のような表現が使えます。

I’m Kenji Sato in the Accounting department.
経理部の佐藤ケンジです

「the」と「department」を省略して以下のように表現することもできます。

I’m Kenji Sato in Accounting.

「in」の代わりに「from」を使うこともできますが、その場合は少し「その部署を代表して」というニュアンスが強まります。

I’m Kenji Sato from the Accounting department.

自分の役割や担当を説明する場合は「in charge of」や「be responsible for」が使えます。

I’m in charge of development of product A.
I’m responsible for development of product A.
私は商品Aの開発を担当しています。

両方とも同じ意味になりますが、「be responsible for」を使ったほうが、少しフォーマルな印象に受け取られるでしょう。

部署の役割や概要を説明する

では、ご自身の部署をもう少し詳しく説明してみましょう。例えば、海外支社や関連会社からの来客に対応するシーンを想定すると

  • 自分の部署の役割や責任
  • 人数や部長などの概要
  • その中でのご自身の役割

などのポイントを盛り込めると、わかりやすいですね。
それでは、今回は例として、営業部、マーケティング部、人事部の例文を確認してみましょう。

「営業部」の役割を説明する時の例文

【音声(男性)】

【音声(女性)】

【英文】
The Sales department is responsible for maximizing sales of our whole product range. There are more than 50 employees in Sales. Our director is Mr. Sato. I am in charge of selling product A, but I propose solutions to my clients offering various products of ours.

【訳】
営業部は、私たちのすべての商品の最大化について責任を負っています。50名ほどの従業員がいまして、部長は佐藤さんです。私は、プロダクトAの販売を担当していて、クライアントに課題解決案を提案します。

「マーケティング部」の役割を説明する時の例文

【音声(男性)】

【音声(女性)】

【英文】
The Marketing department is responsible for attracting customers through advertisements, on the web-site, with TV commercials, and in magazines. There are 30 people on the team. They report to Ms. Yamakawa. My main tasks are optimizing the web-site and operating our social media account.

【訳】
マーケティング部は、Webサイトや、テレビCM、雑誌などの広告を使って、集客を行うことが役割です。30人の従業員がいて、上司は山川さんです。私はWebサイトと企画とSNSの運用を担当しています。

「人事部」の役割を説明する時の例文

【音声(男性)】

【音声(女性)】

【英文】
The Human resource department manages the personnel systems, hires new employees, and takes care of employee salaries, among other things. There are 20 people in HR. Mr. Yamada is the HR director. I am responsible for hiring new graduates and planning their training.

【訳】
人事部は、人事制度の企画と運用、給与の管理、社員の採用などを行っています。20人の従業員がいまして、山田さんが部長です。私は、新卒採用と研修を担当しています。

***
いかがでしたか?
海外支社や、関連会社、取引先などの海外からのゲストに会社を案内する際にも使える表現をご紹介しました。ぜひ、実際のビジネスシーンでもご活用ください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたに必要な英会話を身につけるならベルリッツ
あなたの仕事や目的に合わせた英会話レッスンをご提案します。


無料体験レッスンのご予約はこちら >

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

5 × two =