フレーズ

英語で「それって何曜日」ってどうやって聞くの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
youbi

「今日って何曜日だっけ?」「来月5日の金曜日」
これらを英語で正確に言う自信はありますか?

Monday, Tuesday, Wednesday … 曜日の名前は誰もが聞いたことがあっても、文章でつかうとなると難しく感じる方も多いのではないでしょうか?

今回は相手と英語で予定を立てる時に、正確に曜日を聞いたり指定したりする方法を音声付きでご紹介します。これを読んで曜日にまつわる英語の苦手意識をなくしてしまいましょう!

目次

  1. 曜日を伝える
    1-1.  on Monday
    1-2.  this/next/last Monday
    1-3.  by/until Monday
  2. 曜日を聞く
  3. 曜日を指定する

1. 曜日を伝える

各曜日は英語ではこうですね。

メールなどで日にちを書く時は以下のように曜日の略を付け足すとわかりやすいです。

Sales conference
Date: February 20th (Fri)

Paul’s birthday party
Date: March 7th (Sat)

曜日の前置詞基本の3パターン

会話やメール文などの文章の中で曜日を伝える時は、前置詞のつけ方が以下の3パターンにわかれることを覚えておきましょう。

1. on Monday
2. this/next/last Monday
3. until/by Monday

1-1. on Monday

曜日の基本の前置詞は「on」です。例文をいくつか用意しましたので声に出して反復してみてください。

I have work on Monday.

月曜日は仕事です。

I have a day-off on Tuesday.

火曜日は休みです。

I heard it’s going to rain on Wednesday.

水曜日は雨だそうです。

Let’s go out for a drink on Friday.

金曜日は飲みに行きましょうよ。

◆ One Point ◆
「毎週月曜日」と言いたい時は前置詞の「on」を「every」、「隔週月曜日」と言いたい時は「on」を「every other」に置き換えます。
Let’s have a meeting every Monday.
毎週月曜日にミーティングをしましょう。
Let’s have a meeting every other Monday.

隔週月曜日にミーティングをしましょう。

1-2. this/next/last Monday

「今週の月曜日」と言いたい時は「this Monday」、「来週の月曜日」と言いたい時は「next Monday」、「先週の月曜日」と言いたい時は「last Monday」になります。「this/next/last」が前置詞の代わりのようなものなので、「on」はつけません。例文を発話してみましょう。

Are you busy next Monday?

来週の月曜日は忙しいですか?

The kick-off meeting is scheduled for next Tuesday.

キックオフミーティングは来週の火曜日に予定されています。

I sent in the report last Wednesday.

先週の水曜日にレポートを提出しました。

Christine and I had dinner together last Thursday.

先週の木曜日にクリスティーンさんと一緒にご飯を食べました。

◆ One Point ◆
「this」を使用する時は気をつけましょう。特に週の境のどちら側に位置するか曖昧な日曜日のことを「this Sunday」と言うと、過ぎた日の日曜日なのか次の日曜日なのかがわかりません。例を見てみましょう。

A: Which day is your birthday?
B: This Sunday.
A: Do you mean Sunday the 15th or Sunday the 22nd?
B: The 22nd.
A: あなたの誕生日はいつですか?
B: 今週の日曜日。
A: それって15日の日曜日ですか?それとも22日の日曜日ですか?
B: 15日。

もちろん上記のBさんのような一言の答えではなく、きちんと過去形や未来形の文章で区別すれば誤解されることもありません。Bさんが文章で喋るとこうなります。

A: Which day is your birthday?
B: My birthday was this Sunday.
A: Really? Happy birthday!
A: あなたの誕生日はいつですか?
B: 私の誕生日は今週の日曜日でした。
A: そうなんですか?おめでとうございます!

「this」をつかっても誤解を招かないためには、以下のように単語を付け足します。

This coming Sunday

次の日曜日

This past Sunday

ついこの間の日曜日

I’m taking my son to a theme park this coming Sunday.

次の日曜日に息子を遊園地に連れていきます。

I took my son to a theme park this past Sunday.

ついこの間の日曜日に息子を遊園地に連れていきました。

1-3. by/until Monday

期限を表す時につかう前置詞「by」と期間を表す時につかう前置詞「until」は、「on」の代わりに入れます。ちなみに、多くの方が「by」と「until」のつかい方をごっちゃにしているので気をつけましょう。

I have to finish my homework by Thursday.

木曜日までに宿題を終わらせないといけません。

I can work on my homework until Thursday.

木曜日まで宿題をやる時間があります。

We need to be ready for the presentation by Wednesday.

水曜日までにプレゼンの準備ができていないといけません。

We can practice our presentation until Wednesday.

水曜日までプレゼンの練習ができます。

「来週の」「今週の」「先週の」と言いたい時にもつかえます。この場合、「next」「this」「last」の前に「by」や「until」をつけます。

I have to gather all the information we need by next Friday.

来週の金曜日までに必要な情報を全て集めなければなりません。

We have until this coming Friday to gather all the necessary information.

必要な情報を全て集めるのには次の金曜日まで時間があります。

2. 曜日を聞く

youbi3英会話でこんな状況に困ったことはありませんか?

A: Let’s meet on the 20th next week.
B: Which day is that?
A: I said the 20th.
A: 来週20日に会おうか。
B: それって何日?(それって何曜日?と聞きたい)
A: だから、20日。

Bさんが曜日を知りたい時の質問の仕方がわからないため、意思疎通ができません。

曜日は英語で「day of the week」と表現します。つまり「それって何曜日?」と聞きたい時は次のように聞きます。

Which day of the week is that?

それって何曜日?

曜日に関するフレーズをいくつか用意しました。声に出して何回か発話して、これから迷わなくなるように口に覚えさせてしまいましょう。

Which day of the week is it today?

今日って何曜日?

Which day of the week is the 15th?

15日って何曜日?

Which day of the week are you usually free?

普段何曜日が空いていますか?

Which day of the week is that store closed?

あのお店は何曜日に閉まっていますか?

 曜日を元に日付を確認したい場合は次のような表現を使いましょう。

What day is Wednesday this week?

今度の水曜日って何日でしょう?

What day is Tuesday next week?

来週の火曜日って何日でしたっけ?

3. 曜日を指定する

GettyImages_179297365「13日の金曜日」という映画がありますね。原題の「Friday the 13th」のように、曜日と日にちを指定する表現を覚えておくと予定を確認する時などに便利です。特に国際電話会議などのセッティングでは日にちの他に各拠点での曜日も確認すると、間違いを防げます。

Can we have a telephone conference on Thursday the 5th? It’s your Wednesday the 4th in New York.

5日の木曜日に電話会議はできますか?ニューヨーク時間でそちらの4日の水曜日になります。

Wednesday the 4th will be difficult. How about Tuesday the 10th here? That’s Wednesday the 11th in Tokyo.

4日の水曜日は難しいですね。10日の火曜日はいかがですか?東京で言うと11日の水曜日ですね。

 

いかがでしたか?知識として学んでも、言い慣れていないといざという時に英語は出てきません。スラスラ言えない文が見つかったら、音声の真似をして何度も反復しましょう。曜日の英語がつかいこなせればスムーズな日常英会話に向けてまた一歩前進です!

また、日付全般に関する英語は以下のブログ記事をご参照ください。
今さら聞けない英語の日付!書き方・読み方、曜日等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語学習法をメールで無料購読
無料EBook:旅行英会話と日常英会話を、聴いて話してマスターするトレーニング教材つき

ベルリッツの教師が本無料EBookや、お手持ちの英語教材を使った学習法を、全15回にわたりメールで伝授します。ぜひお気軽にご登録ください。

今までたくさん英語学習をしてきたのに、いつまでも上達しない

  • ・英語が話せるようにならない
  • ・上手く聞き取れない
  • ・カタコト英語になってしまう

こんなことでお困りではありませんか? 英語の学習で一番大切なことは、英語を英語のまま聞き取り、英語として発音できるようになることです。

pic_cta

この無料EBookは、実際に旅行をしたり、日常生活をしたりする際に困らないよう、 全25シチュエーションを音声つきでトレーニングできる内容です。

繰り返し練習することで、必ず英語を使いこなせるようになります。 本当に使える英語力を養って、ぜひグローバル社会で活躍してください。


無料メルマガの購読はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

4 × four =