日常英会話

今さら聞けない英語の日付!書き方・読み方、曜日等

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
今さら聞けない英語の日付!書き方・読み方、曜日等

ビジネスで英語のドキュメントやメールを使うようになり、慣れてないと戸惑う事があるのが、「英語の日付」です。

英語で日付や曜日をサラッと書いたり、スラッと英語で日付を読み上げたりできますか?
例えば、日付の読み方は

1日はFirst(1st)
2日はSecond(2nd)

と読みます。

また、エクセルのファイル名に日付をつける場合も海外の方と共有する場合は、英語の日付でファイル名を命名する時も迷ったりすることがあります。

日本式だと
MarketingFile20140410.xlsx というファイル名も
アメリカ式だと、【月-日-西暦】
MarketingFileJan-31-2014.xlsx
イギリス式だと 【日-月-西暦】
MarketingFile-31-Jan-2014.xlsx

実は同じ英語でも、アメリカ式 と イギリス式 で日付の表記は異なります。

そういう筆者も、メールで日付やファイル名の日付を書いたりするのは苦手でしたので、先輩に聞いたり、本で調べたりしました。慣れないうちは、英語の日付や曜日の
言い方を覚えていないと混乱します。ベルリッツのレッスンでも日付や曜日をしっかり学んでもらっています。

本日はベルリッツの教師がまとめた「英語の日付」に関するものを一挙に紹介しますので、是非ブックマークして使っていただければと思います。

日付の順番

先にも紹介したとおり、アメリカとイギリスでは書く順番がことなります。日本ではアメリカ式が使われることが多いですが、相手の国にあわせるのがよいでしょう。

アメリカの日付の書き方は 月 / 日 / 年 という順番になります。

<例文 2014年8月15日の場合は?>
August the 15th, 2014(フォーマル)
August 15, 2014(フォーマル)
8/15/2014 (カジュアル)
8/15/14 (カジュアル)

イギリスの日付の書き方は 日 / 月 / 年 という順番になります。

<例文 2014年8月15日の場合は?>
15th August, 2014(フォーマル)
15th August, 2014(フォーマル)
15/8/2014 (カジュアル)
15/8/14 (カジュアル)

メールタイトルの日付の書き方

メールのタイトルに日付を入れる例文です。会議を招待する場合などは日付をタイトルに入れると相手も、どの会議なのかがわかりやすいです。

「6月15日電話会議の招待」
Invitation for June 15th Conference Call

西暦の読み方

131723640西暦の読み方はパターンがありますので、一通りご紹介いたします。

西暦の読み方の基本

下記のように最初の二桁と後の二桁を分けて読みます。
Nineteen ninety-six( 1996年)

1907年や2007年のパターンの読み方は?

1907年のように後の二桁が01〜09の 読み方は下記のようにゼロは”オー”と発音します。
Nineteen “o” seven (1907年)

1019年や2003年の読み方は?

4桁のうち二桁目がゼロ、三桁目がゼロでない場合、下記のように1019年は”1000-19″つまりone-thousand nineteenと発音します。
One thousand nine (1009年)
Two thousand one (2001年)
Two thousand two (2002年)
Two thousand three (2003年)

月の読み方

月 / 名称 / 略称
1月 / January / Jan.
2月 / February / Feb.
3月 / March / Mar.
4月 / April / Apr.
5月 / May / May
6月 / June / Jun.
7月 / July / Jul.
8月 / August / Aug.
9月 / September / Sep. or Sept.
10月 / October / Oct.
11月 / November / Nov.
12月 / December / Dec.

日の読み方

125749261英語初心者だと、スラスラ出てこない方が多いです。10回くらい音読すれば自然と身につきますので、この機会にまとめて覚えておきましょう。

日 / 読み方 / 表記
1日 / First / 1st
2日 / Second / 2nd
3日 / Third / 3rd
4日 / Fourth / 4th
5日 / Fifth / 5th
6日 / Sixth / 6th
7日 / Seventh / 7th
8日 / Eighth / 8th
9日 / Ninth / 9th
10日 / Tenth / 10th
11日 / Eleventh / 11th
12日 / Twelfth / 12th
13日 / Thirteenth / 13th
14日 / Fourteenth / 14th
15日 / Fifteenth / 15th
16日 / Sixteenth / 16th
17日 / Seventeenth / 17th
18日 / Eighteenth / 18th
19日 / Nineteenth / 19th
20日 / Twentieth / 20th
21日 / Twenty-first / 21st
22日 / Twenty-second / 22nd
23日 / Twenty-third / 23rd
24日 / Twenty-fourth / 24th
25日 / Twenty-fifth / 25th
26日 / Twenty-sixth / 26th
27日 / Twenty-seventh / 27th
28日 / Twenty-eighth / 28th
29日 / Twenty-ninth / 29th
30日 / Thirtieth / 30th
31日 / Thirty-first / 31st

曜日の読み方

曜日 / 読み方 / 略称
月曜日 / Monday / Mon.
火曜日 / Tuesday / Tu., Tue., Tues.
水曜日 / Wednesday / Wed.
木曜日 / Thursday / Th., Thu., Thur., Thurs.
金曜日 / Friday / Fri.
土曜日 / Saturday / Sat.
日曜日 / Sunday / Sun.

日付や曜日、西暦をいれた例文

2020年の夏、オリンピックが東京に来ます。
The 2020 summer Olympics are coming to Tokyo.
来週の木曜日までに、返事をください。
Please reply to me by Thursday next week.
新製品のリリースは2015年の7月を予定しています。
The new product will be released in July of 2015.
その年は1445年だった
The year was fourteen forty-five.
その国は1808年に独立をした。
The country gained its independence in 1808.
わたしは10月17日生まれです。
I was born on October 17th.

日付の前置詞の使い方

日付の前置詞

時間は常に”at”を使います。

We will arrive at 5:30pm.

曜日や特定の日を使うときは”on“を使います。

I usually work on Thursdays.
My birthday is on August 6th.

月は常に“in”を使います。

I will leave for Japan sometime in October.

 

いかがでしたか?一度覚えてしまえば、すぐに使えるようになりますが知らないとアポイントなど仕事の場合でもミスにつながってしまいます。
覚え方も、声にだして、テキストを見ないでもスラスラ発音できるまで繰り返すのがおすすめです。おそらく10回程度繰り返せば体で覚えることができますよ。

克服してしまえば、英語に対する自信も深まります。
皆様のご参考になれば幸いです。

ちなみにこの記事を書いたのは、May the 9th, 2014  です!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英語学習法をメールで無料購読
無料EBook:旅行英会話と日常英会話を、聴いて話してマスターするトレーニング教材つき

ベルリッツの教師が本無料EBookや、お手持ちの英語教材を使った学習法を、全15回にわたりメールで伝授します。ぜひお気軽にご登録ください。

今までたくさん英語学習をしてきたのに、いつまでも上達しない

  • ・英語が話せるようにならない
  • ・上手く聞き取れない
  • ・カタコト英語になってしまう

こんなことでお困りではありませんか? 英語の学習で一番大切なことは、英語を英語のまま聞き取り、英語として発音できるようになることです。

pic_cta

この無料EBookは、実際に旅行をしたり、日常生活をしたりする際に困らないよう、 全25シチュエーションを音声つきでトレーニングできる内容です。

繰り返し練習することで、必ず英語を使いこなせるようになります。 本当に使える英語力を養って、ぜひグローバル社会で活躍してください。


無料メルマガの購読はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

four × 3 =