ビジネス英語を書く

英語で「確認します・確認させてください・ご確認ください」厳選16フレーズ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスでは、メールでも口頭でも、しばしば、「確認」という言葉を使います。
確認を“あいまい”にしないで、相手にしっかり「確認します」「確認させてください」「確認してください」と伝えることは、ビジネスにおける信頼関係を築く上でとても大切です。
海外とのビジネスシーンでは、“Let me confirm…”“Let me check…”など、確認の英語フレーズが、実際によく登場します。
記録などを参照してきちんと確認している印象のconfirm、要点をさっと確認するようなcheckの2つの定番表現、また、それらを使わない言い回しを使いこなして、さまざまな状況に対応できると良いですね。

本日は、ベルリッツ ビジネストレーニングコース(BBCS)のトレーナーが、実際にビジネスで使える16フレーズ(音声付き)+リアルなメール文例1点をご紹介します。
ぜひ、ビジネスシーンを想像して、例文を繰り返し音読して覚え、実際のビジネスでご活用ください!

フレーズ一覧

(自分が)確認します・確認しました

1.会議の場所を「確認いたします」Let me confirm
2.進捗状況などを「すぐ確認してご連絡します」Let me check
3.お客様からの問合せを受け「確認いたします」Allow me to check…

(自分の理解が正しいか)確認させてください

4.外部の方などに丁寧に「確認させていただけますか」I’d like to get a better understanding of…
5.相手の意図を確認する「それは~ということでしょうか」Just to confirm, / You mean … / You mentioned that …
6.予約・アポイントの日時を「確認したいのですが」Could I confirm …

(相手に)確認をお願いします

7.メールで、添付ファイルなどを「ご確認ください」Please check
8.原稿などの「最終確認をお願いします」final check
9.同僚や部下に「確認してもらえますか?」Please could you check …

1.会議の場所を「確認いたします」Let me confirm

A. Is the meeting scheduled in this room?
B. Let me confirm.


A. その打ち合わせは、この部屋ですか?
B. 確認いたします

2.進捗状況などを「すぐ確認してご連絡します」Let me check

A. What is the current situation with the project?
B. Let me check and get back to you as soon as possible.


A.現在のプロジェクトの進捗はどうなっていますか?
B.至急確認し、ご報告いたします。

3.お客様からの問合せを受け「確認いたします」Allow me to check…

A: Haven’t the goods been delivered yet?
B: I’m extremely sorry. Allow me to check and we’ll get back to you as soon as we know the date of shipment.


A: まだ商品が届いていないのですが?
B: 大変申し訳ございません。確認させていただきます。出荷日が分かり次第、折り返しご連絡いたします。

4.外部の方などに丁寧に「確認させていただけますか」I’d like to get a better understanding of…

社外の相手などに内容を確認するとき、confirmやcheckを用いると、直接的すぎる印象を与えることや、逆に婉曲的すぎる場合があります。
そんなときはconfirmやcheckを用いず次のように質問することで、適切な印象を与えることができます。

I’d like to get a better understanding of why that happened?


どうしてそうなったのか、もう少し詳しくお伺いできますか
(直訳:どうしてそれが起こったのか、よりよい理解を得たいと思うのですが。)

Please could you explain why that happened?


どうしてそうなったのか説明していただけますか

Why do you think that happened?


なぜそれが起きたのだと思われますか

5.相手の意図を確認する「それは~ということでしょうか」Just to confirm, / You mean … / You mentioned that …

以下の3つの文例は、どれも同じような意味ですが、異なる表現を用いることで、ニュアンスの違いが生じています。
これらの表現はネイティブもよく使うので、覚えておくと、相手の温度、態度をつかむことができます。

Just to confirm, you’re saying that we can expect to increase profits?


ちょっと確認したいのですが、利益を見込めると言っているのですか?

So you mean that we can expect to increase profits?


それはつまり、利益を見込めるということでしょうか

You mentioned that we can expect to increase profits, is that correct?


あなたがおっしゃったのは、利益が見込める、という理解でよろしいでしょうか

6.予約・アポイントの日時を「確認したいのですが」Could I confirm …

A. Could I confirm the date and time of our appointment?
B. We’re scheduled for Monday, June 23 at 10:30.


A.打ち合わせの日時を確認してもよろしいでしょうか
B. 6月23日月曜日の10:30に予定していますね。

上の例文をベースに、たとえば、our appointmentをmy reservationにすると、「私の予約の日時を確認させてください」となります。

Could I confirm the date of my reservation?

私の予約している日にちを確認させていただけますか

使い勝手の良い表現なので、ぜひ覚えておきましょう!

7.メールで、添付ファイルなどを「ご確認ください」Please check

Please check the attached file.


添付ファイルをご確認ください

For our company address, please check the URL below.


弊社の住所については、下記URLをご参照ください。

Please check the final page of the document.


資料の最後のページを確認してください

8.原稿などの「最終確認をお願いします」final check

「添付内容の最終確認を依頼する」実際のメール文例を見てみましょう。

件名

New guidelines: final draft

新ガイドライン:最終原稿

本文

Dear All,

Thank you very much for your kind messages about printing errors and other concerns with the new guidelines.
Our team has carefully considered and fixed each of them.
Please find attached the final draft of the guidelines.
I’d like to ask you to complete a final check by Friday the 12th.
I believe we have corrected everything, but please do not hesitate to let us know if you find anything else.

Kind regards,

John

皆さま

新しいガイドラインに関して、誤植やその他の懸念点についての親切なメッセージをありがとうございます。
私たちのチームは、それら一つ一つについて注意深く検討し、修正を行ってまいりました。
添付の、新ガイドラインの最終原稿をご確認ください
皆さまに、その最終確認を12日金曜日までに完了していただければと思います
私たちは全ての修正をしたつもりですが、もし何か他にお気づきのことがありましたら、ご遠慮なくお知らせください。

以上、よろしくお願いいたします。

ジョン

9.同僚や部下に「確認してもらえますか?」Please could you check …

There seems to be a problem with the figures in last week’s report.
Please could you check them?


先週のレポート内の数字が異常にみえるので、確認していただけますか

* * *

いかがでしたか?
さまざまなフレーズを知って入れば、相手が使ったときにすぐ理解できますし、自分自身の表現の幅も増えます。
ぜひ、自分が使っているシーンを想定して10回音読してみてください。そうすれば、いざ実践、というときにも声が出るはずです!
最後に、もう一度本日のフレーズを確認しましょう。

Please could you confirm that again?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

英会話ならベルリッツ。

仕事・旅行などのご予定でお急ぎの方、しっかり英語力を身につけたい方には、
ベルリッツのレッスンがおすすめです。
英語が必要なシーンを具体的にお伺いしてレッスンをカスタマイズするから、
本当に使える英語を無駄なく学べます

  • 「ベルリッツのレッスンってどんな感じ?」
  • 「英会話を習うのは初めてだけど、大丈夫かな」

そんなときは、無料体験レッスンをぜひお試しください!
あなたに合わせてカスタマイズした実践的なレッスンを、無料でご体験いただけます!

> 無料体験レッスンの流れについて、詳しくはこちら
> ベルリッツのレッスンについて、詳しくはこちら


無料体験レッスンを予約する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

twenty − six =