ビジネス英語

ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム(慣用句)【Part2】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム」は、大変ご好評をいただきました。そこで、日本人が意外と知らない、でも知っていると仕事にも役に立つイディオム(慣用句)の「第2弾」をご紹介します!
ここでも追加で10個のイディオムと、その例文・音声をセットでご紹介するので、ぜひ、声に出して練習してマスターしてください!

*こちらの記事もご覧ください→ネイティブが使う!仕事で役立つ英語イディオム【Part1】

1. Hands are tied

“hands are tied”は、直訳すると「手を縛られている」ですが、「どうすることもできない」という意味になります。

【英文】
I wish I could help you, but management has already made their decision on this. My hands are tied.

【訳】
できるものならあなたを助けたいのですが、マネジメント層はすでに決定を下しています。私にはどうすることもできません。

【音声(女性)】

【音声(男性)】

2. Gain ground

“Gain ground”は、「より良いポジションを得る」という意味で使います。逆に“Lose ground”は「立場が悪くなる」という反対の意味になります。

【英文】
The industry standard we set some years ago has steadily been gaining ground. Lots of companies have copied what we do.

【訳】
数年前に我々が築いた業界標準(の製品)は、より安定的に成長しており、多くの競合が模倣しています。

【音声(女性)】

【音声(男性)】

【英文】
Due to the unforeseen product recall, the company lost a lot of ground to the competition.

【訳】
予期しないリコールによって、その企業は競争市場で立場を悪くしました。

【音声(女性)】

【音声(男性)】

3. Not going to fly

“Not going to fly”は、直訳すると「飛ぶことがない」ですが、「上手くいかない」や「無理だ」という意味になります。

【英文】
I know you’ve put a lot of work into this proposal, but this idea is not going to fly. It’s just too radical.

【訳】
あなたがこの提案の作成に多くの努力をしたことはわかりますが、このアイデアは上手くいかないでしょう。これは根本的な問題です。

【音声(女性)】

【音声(男性)】

4. On the same page

「同じページの上」と訳せる“on the same page”ですが、「賛成である」「同じ意見だ」という意味で使われる慣用句です。

【英文】
It seems that we are on the same page with regards to how to proceed.

【訳】
推進方法については、私たちは同じ意見のようです。

【音声(女性)】

【音声(男性)】

5. See eye to eye

“See eye to eye”は“on the same page”と同じ意味で、「賛成である」「同じ意見だ」という意味で使われます。

【英文】
Fortunately, my current manager and I generally see eye to eye on most things. It certainly makes working together much easier.

【訳】
幸いにも、私は今の上司と意見が合うことが多いので、とても働きやすいです。

【音声(女性)】

【音声(男性)】

6. In/out of the loop

“in the loop”は、「輪の中に入れる」と訳せますが、「やりとりの中に入れる/入る」という意味で使われます。下記の例文のように、メールでやりとりをしていて、そこに新しい人を含める場合などによく使われます。一方、“out of the loop”は逆に「やりとりから外す/外れる」という意味になります。

【英文】
Even though I’ll be away on vacation, please CC me on all communication to keep me in the loop.

【訳】
私は休暇に入ってしまいますが、(メールのやりとりの)CCに入れておいてください。

【音声(女性)】

【音声(男性)】

7. Put the cart before the horse

“Put the cart before the horse”は、直訳すると「荷車を馬の前に置く」となります。本来、荷車は馬に引かせるものですので、馬の後ろに置くものです。そこから転じて「順番を間違っている」という意味で使われるイディオムです。

【英文】
They were developing a product without clearly identifying a target market. Basically, they were putting the cart before the horse.

【訳】
彼らはターゲット市場を明確にしないまま商品を開発しています。基本的に、彼らは順番を間違っています。

【音声(女性)】

【音声(男性)】

8. Read between the lines

“Read between the lines”は、「行間を読む」から転じて「空気を読む」という意味で使います。

【英文】
It is important to be able to read between the lines, especially when working with colleagues from different cultures.

【訳】
異なった文化背景を持つ同僚と仕事をする時は特に、空気を読めることが重要です。

【音声(女性)】

【音声(男性)】

9. Rock the boat

“Rock the boat”は、直訳すると「ボートを大きく揺さぶる」となりますが、「新しいことを始める」「ものごとを大きく変える」「波風を立てる」という時に使います。

【英文】
When a company has done things the same way for a long time, people who rock the boat don’t seem to last long.

【訳】
企業が長いあいだ物事を同じ方法で行っている場合、新しいことを行おうとする人たちは、長く続かないことがあります。

【音声(女性)】

【音声(男性)】

10. The elephant in the room

“The elephant in the room”の直訳は、「部屋にいる象」です。もしも部屋に象がいたら、それに気付かない人はなかなかいないですよね。そのことから、「誰が見ても(例え言わないまでも)明らかであること」を表現する時に使います。どちらかというとネガティブなシーンで使うことが多いので、使い方には注意が必要です。

【英文】
We should probably have discussed our sales manager’s abrupt resignation, but no one seemed to want to talk about the elephant in the room.

【訳】
私は突然辞職した営業マネージャーについて話すべきだと思いましたが、(みんな気づいているはずなのに)だれもその話題に触れようとしませんでした。

【音声(女性)】

【音声(男性)】

***
いかがでしたか?一つひとつの単語の意味はわかるのに、イディオムの意味は意外と知らなかった…というものもあったのではないでしょうか?これらの表現をサラッと使えると周りからの信頼も高まるかもしれませんね。
ぜひ、音声を聴きながら例文を読んで練習してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

one + five =